名札を掛けている男性

家庭用プリンター

おしゃれな事務所

パソコンを使いデータ作成し名刺を印刷する方法、家庭用に多く普及しているインクジェットプリンターを利用して名刺作成、印刷することが出来ます。その方法は名刺の標準サイズ91×55mmに断裁された用紙を入手します。大型家電店に置いております。プリンターの消耗品、用紙やインクの近くに置いてあります。インクジェット用や加工紙、カラーの用紙もあります。ネット通販でもたくさん販売されております。紙屋さんのサイトがより豊富なバリエーションがあります。お好みの用紙を購入し自作の印刷データをプリンターへ流します。用紙サイズの設定に気をつけてください。テスト印刷を行い必要分を印刷して完成です。(1枚づつ印刷する方法です)

インクジェットプリンターで名刺印刷する方法として、91mm×55mmの用紙に1枚づつ印刷する方法を紹介しましたが、もう1つ方法があります。それはA4サイズの用紙に10丁付けた状態で印刷しあとで名刺サイズに切り取ります。ですがカッターで10枚切るのは大変なのと不器用な方には不向きです。そこで切り取り線の入った用紙が販売されております。名刺用に企画されてるのでこちらを利用すればカットしやすいです。大型家電店、ネット通販でお求め出来ます。この用紙のデメリットもあります。それは用紙の種類が豊富で無いこと、手でも切り取れますが切り取り後がシャープで無いこと、10丁張り合わたデータを作成しないといけない。誤字があった場合10丁とも使えない。このようにメリット、デメリットを認識した上で名刺印刷をおこなってください。